脂肪(油)

<油の分類>
油は大きくオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系と呼ばれる分類で分けることができます。

オメガ3系:アマニ油、えごま油、シソ油、サバアジ、いわしなど青魚、白身魚
オメガ6系:コーン油、サフラワー油、月見草オイル、ひまわり油、鶏肉、牛肉、豚肉など
オメガ9系:オリーブ油、キャノーラ油、高オレイン酸サフラワー油など

それぞれに特徴があり良し悪しがあるのですが、今問題となっているのは真ん中のオメガ6系の摂取し過ぎが問題となっています。

オメガ6系は別名リノール酸とも呼ばれ、リノール酸は体内でアラキドン酸に変化し、炎症を起こす物質となり、炎症やアレルギーの原因になります。それらが大腸がん、乳がん、動脈硬化、心臓病などのリスクを高めるとも言われています。

一方、オメガ3系は別名αリノレン酸とも呼ばれ、炎症を抑えたり、血液の循環を良くしてくれたり、がんの増殖を抑制する作用など、リノール酸と反対の働きを行なってくれます。オメガ3系は体内で生成できないため積極的に摂取する必要があります。

また、オメガ9系はオレイン酸とも呼ばれ悪玉コレステロールを低下させ動脈硬化や心臓病、高血圧の予防に効果があるとされています。また、胃酸の分泌をコントロールして胃潰瘍を防ぐ、腸を滑らかにして便秘の予防や解消に役立つ、放射線の害を防ぐなどの効果も認められている良い油です。オメガ9系は体内で生成できますが、摂取不足がちになるので食品から取り入れる必要があります。

<現代人の食生活>
繰り返しますが現代の日本人の普通の食生活ではオメガ6系の油を摂取し過ぎの傾向にあり、生活習慣病のリスクが高まっている状態にあると言えます。
理想的にはオメガ6系とオメガ6系以外の油が半々になるのがいいとされているので、素彩屋ではオメガ3系とオメガ9系を中心とした油で調理するようにしています。

<素彩屋での油の使い方>
オメガ3系の油は体内で生成できない上、健康にも非常に良いので積極的に摂取する必要がある一方で、熱に弱く、酸化・分解しやすいという弱点があります。
ですが、多くの料理は加熱調理が必要となりますので、素彩屋ではそれにオメガ9系の油を利用することで対応しています。

オメガ9系は熱に強く酸化しづらいので素彩屋の揚げ物系調理には積極的に用いています。

<油まとめ表>
各油の特徴をまとめた表がこちらになります。

植物性脂肪 魚の油 動物性脂肪
脂肪酸 単価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸
種別 オメガ9系オレイン酸油 オメガ3系αリノレン酸油 オメガ6系リノール酸油
油名 オリーブ油
キャノーラ油
亜麻仁油
えごま油
サンフラワー油
コーン油
EPA
DHA
バター
ラード
がん
リスク
血液への影響 LDL下げる LDL下げる 血液粘度下げる 血液粘度下げる LDL上げる
酸化しやすさ しにくい しやすい しやすい しやすい しにくい
アレルギー なし 免疫上げる 免疫下げる 免疫上げる なし
Total 積極摂取 積極摂取 控える 積極摂取 控える

オメガ6系や動物性脂肪も完全に断つわけではありませんが、バランスの良く油を摂取できるよう心がけましょう。